当社のミッション

Intuitive Surgicalのミッションは、da Vinci テクノロジーのさらなる発展への期待と可能性を反映しています。

「最高の安全性を追求した低侵襲性の手術を選択肢として提供できるように尽力します。
 低侵襲性手術を標準治療とする取り組みを進めます。」

当社の従業員は、患者さんに最高の有効性を追求した低侵襲性の手術を提供することを第一に優先するべきであることを理解しています。このシンプルな目標は、弊社の企業文化の中核をなすものです。当社は、患者さんの生活や治療結果の改善のために当社の事業に参画・協力いただいている組織や個人の方々とともにこのミッションを掲げています。

患者さんのために(Patient Value)

“患者さんのために“はIntuitive Surgicalの基本的理念であり、患者さんのための低侵襲性手術に対する価値観こそがすべての製品とサービスの源泉であると考えています。当社では、次のような等式を掲げています。

患者さんの低侵襲性手術に対する価値観 = 医療技術の効果/侵襲性

この等式における「効果」は病気や状態の基礎疾患を回復させるという観点からみた手術の成功と定義されます。「侵襲性」は、患者さんの疼痛や日常活動が妨げられる程度をみる指標です。

侵襲を最小限にし、腹腔鏡手術と同様の効果を維持することを目標として、数十年にわたり代替的な治療法や手技が考案・開発・販売されてきました。 da Vinci によるロボット支援低侵襲手術(da Vinci 手術)の登場は外科的治療に一大革命を起こしています。訓練を受けた医師は、通常の症例でも複雑な症例でも、患者さんに安全かつ有効な低侵襲治療を提供できるようになりました。これがda Vinci 手術が患者さんにもたらした価値であると考えています。

患者さんの予後

過去10年間で、da Vinci サージカルシステムにより、全世界で200万人を超える患者さんが低侵襲手術を受けてきました。1998年以降、さまざまな学会誌において、da Vinci 手術に関連する7,000報を超えるピアレビュー論文が発表されています。多く研究されている分野は、泌尿器科、婦人科、胸部心臓外科、一般消化器外科の各領域です。試験の結論から、da Vinci 手術は、開腹/開胸手術に比べて患者さんに以下のような多くの利点をもたらすと考えられます。

  • 合併症が少ない i, ii, iii , iv
  • 出血量が少ない i, ii, iii
  • 入院期間が短い i, ii, iii, v
  • 麻薬性鎮痛薬の必要性が少ない iv, v, vi
  • 回復が早い i, v, vii
  • 切開部が小さく、瘢痕がほとんど残らない viii

da Vinci を使った前立腺摘出術は、もっとも実績があり、臨床的にも検討にあげられるロボット支援下手術です。事実、米国では、根治的前立腺全摘術の5件中4件でda Vinci サージカルシステムが使用されていますix。開腹手術と比較して、da Vinci を使った前立腺摘出術では、以下の利点を患者さんにもたらす可能性があります。

  • 癌組織がより正確に摘出されます
  • 術式を問わず神経温存手術が可能ですが、da Vinci を使った前立腺摘出術で神経温存を目的とする場合には、以下の点を実現できる可能性が試験により示唆されています ii, x, xi
    • 勃起(性的)機能の回復が早い:手術以前に性的能力を有していた患者さんの場合、da Vinci 手術の方が、開腹手術よりも勃起機能の回復が早いことが試験で示されています xii, xiii
    • 尿失禁が回復する可能性が高い:開腹手術に比べてda Vinci を使った前立腺摘出術の方が、6ヵ月以内に失禁を完全に回復する患者さんが多いことが試験で示されています ii, xii, xiii
  • 失血量および輸血の必要性が少ない ii, x, xiii
  • 疼痛が少ない vi
  • 合併症のリスクが低い ii, x
  • 入院期間が短い ii, x, xii
  • 手術から回復viiおよび日常活動への復帰が早い xiv

従来の腹腔鏡下前立腺摘出術と比べて、da Vinci を使った前立腺摘出術では以下の利点をもたらす可能性があります。

  • 12ヶ月後の検査で勃起機能が術前の水準まで回復した患者さんが多い xv, xvi
  • 尿失禁の回復が早い xvi
  • 合併症リスクが低い x
  • 出血量および輸血の必要性が低い x, xvii
  • 神経損傷のリスクが低い x
  • 直腸損傷のリスクが低い x
  • 入院期間が短い x, xvii
  • 再入院およびフォローアップ手術のリスクが低い x

サポート体制

Intuitive Surgicalでは、継続的で質の高いサービスとサポートをお客さまに提供し、お客さまと積極的なコミュニケーションを図ることで信頼関係を築きあげることを、日課として掲げています。da Vinci テクノロジーは、お客さまの声をしっかりと受け止めること、誠実さ、そして社員各人の責任により支えられています。こうした当社の規範やサービスの質等については継続的に監査されており、お客さまのニーズにお応えできるようにしています。

たとえば、お客さまへのサービスとサポートに対する弊社の取り組みを示すものとして、da Vinci 手術技術支援チーム(dVSTAT)があります。このチームは、設置されたda Vinci サージカルシステムの状態をリアルタイムの診断フィードバックとして遠隔でモニタリングすることができます。この直接的なフィードバックに基づき、dVSTATは迅速にお客さまをサポートすることができます。また、営業チーム、滅菌再処理チームおよびテクニカルサポートチームは、全世界の医師、病院および患者さんのニーズを満たすべく、現場でサポートする体制をととのえています。

さらに、da Vinciに携わる医療従事者向けのトレーニングは、当社のサービスの根幹として、複数の研修センターで提供しており、医師やそのチームに対しda Vinci サージカルシステムの研修が行われています。

参考文献
[i] Poston RS, Tran R, Collins M, Reynolds M, Connerney I, Reicher B, Zimrin D, Griffith BP, Bartlett ST. Comparison of economic and patient outcomes with minimally invasive versus traditional off-pump coronary artery bypass grafting techniques. Ann Surg. 2008 Oct;248(4):638-46.
[ii] Health Information and Quality Authority (HIQA), reporting to the Minister of Health-Ireland. Health technology assessment of robot-assisted surgery in selected surgical procedures, 21 September 2011.
[iii] Landeen LB, Bell MC, Hubert HB, Bennis LY, Knutsen-Larson SS, Seshadri-Kreaden U. Clinical and cost comparisons for hysterectomy via abdominal, standard laparoscopic, vaginal and robot-assisted approaches. S D Med. 2011 Jun;64(6):197-9, 201, 203 passim.
[iv] Cerfolio RJ, Bryant AS, Skylizard L, Minnich DJ. Initial consecutive experience of completely portal robotic pulmonary resection with 4 arms. J Thorac Cardiovasc Surg. 2011 Oct;142(4):740-6. Epub 2011 Aug 15.
[v] Park JS, Choi GS, Lim KH, Jang YS, Jun SH. S052: a comparison of robot-assisted, laparoscopic, and open surgery in the treatment of rectal cancer. Surg Endosc. 2011 Jan;25(1):240-8. Epub 2010 Jun 15.
[vi] Menon M, Tewari A, Baize B, Guillonneau B, Vallancien G. Prospective comparison of radical retropubic prostatectomy and robot-assisted anatomic prostatectomy: the Vattikuti Urology Institute experience. Urology. 2002 Nov;60(5):864-8.
[vii] Miller J, Smith A, Kouba E, Wallen E, Pruthi RS. Prospective evaluation of short-term impact and recovery of health related quality of life in men undergoing robotic assisted laparoscopic radical prostatectomy versus open radical prostatectomy. J Urol. 2007 Sep;178(3 Pt 1):854-8; discussion 859. Epub 2007 Jul 16.
[viii] Data on file with Intuitive Surgical, Inc., refer to: Procedure Guides for each specialty.
[ix] National Cancer Institute. NCI Cancer Bulletin. Tracking the Rise of Robotic Surgery for Prostate Cancer. Aug. 9, 2011 Vol. 8/Number 16. Available from: http://www.cancer.gov/ncicancerbulletin/080911/page4
[x] Tewari A, Sooriakumaran P, Bloch DA, Seshadri-Kreaden U, Hebert AE, Wiklund P. Positive surgical margin and perioperative complication rates of primary surgical treatments for prostate cancer: a systematic review and meta-analysis comparing retropubic, laparoscopic, and robotic prostatectomy. Eur Urol. 2012 Jul;62(1):1-15. Epub 2012 Feb 24.
[xi] Weerakoon M, Sengupta S, Sethi K, Ischia J, Webb DR. Predictors of positive surgical margins at open and robot-assisted laparoscopic radical prostatectomy: a single surgeon series. J Robotic Surg. 2011. http://dx.doi.org/10.1007/s11701-011-0313-4.
[xii] Rocco B, Matei DV, Melegari S, Ospina JC, Mazzoleni F, Errico G, Mastropasqua M, Santoro L, Detti S, de Cobelli O. Robotic vs open prostatectomy in a laparoscopically naive centre: a matchedpair analysis. BJU Int. 2009 Oct;104(7):991-5. Epub 2009 May 5.
[xiii] Ficarra V, Novara G, Fracalanza S, D’Elia C, Secco S, Iafrate M, Cavalleri S, Artibani W. A prospective, non-randomized trial comparing robot-assisted laparoscopic and retropubic radical prostatectomy in one European institution. BJU Int. 2009 Aug;104(4):534-9. Epub 2009 Mar 5.
[xiv] Hohwu L, Akre O, Pedersen KV, Jonsson M, Nielsen CV, Gustafsson O. Open retropubic prostatectomy versus robot-assisted laparoscopic prostatectomy: A comparison of length of sick leave. Scand. J. Urol. Nephrol. Apr 7 2009:1-6.
[xv] Asimakopoulos AD, Pereira Fraga CT, Annino F, Pasqualetti P, Calado AA, Mugnier C. Randomized comparison between laparoscopic and robot-assisted nerve-sparing radical prostatectomy. J Sex Med. 2011 May;8(5):1503-12. doi: 10.1111/j.1743-6109.2011.02215.x. Epub 2011 Feb 16.
[xvi] Porpiglia F1, Morra I, Lucci Chiarissi M, Manfredi M, Mele F, Grande S, Ragni F, Poggio M, Fiori C. Randomised controlled trial comparing laparoscopic and robot-assisted radical prostatectomy. Eur Urol. 2013 Apr;63(4):606-14. doi: 10.1016/j.eururo.2012.07.007. Epub 2012 Jul 20.
[xvii] Ho C, Tsakonas E, Tran K, Cimon K, Severn M, Mierzwinski-Urban M, Corcos J, Pautler S. Robot-Assisted Surgery Compared with Open Surgery and Laparoscopic Surgery: Clinical Effectiveness and Economic Analyses [Internet]. Ottawa: Canadian Agency for Drugs and Technologies in Health (CADTH); 2011 (Technology report no. 137).