Intuitive Surgical社は、医療分野のロボットに関する技術及び商品開発を推し進めています。我々の製品は低侵襲外科手術の恩恵を多くの患者さんに提供すること目的にして設計されています。Intuitive Surgical社の製品は外科医が小さな傷で従来の開腹手術を行うサポートをします。

Intuitive Surgical社のda Vinci サージカルシステムは3D(三次元)高解像度映像を使用することでて外科医の操作を高め、結果として外科手術のポテンシャルを広げます。

da Vinci サージカルシステムは三つの方法で基本的に外科手術を変えることで、患者の負担を軽減し、術後結果を改善します。

da Vinci 手術は多くの既存の低侵襲手術をやさしくします。

従来の腹腔鏡手術の多くはda Vinci サージカルシステムを使用することで容易に行えるようになります。これはda Vinci システムを使用することで開腹手術と同様な”look and feelを維持して、同等以上の手術を行うようにしているからです。 従来の腹腔鏡手術は細長いシャフトのついた器具とそれを挿入するための小さなポートを用いて行いますが、患者さんの状態が悪い場合や複雑な手術の場合、この手術をできないことがあります。

da Vinci 手術は困難な手術をルーチン化します。

従来の腹腔鏡手術は、定型的な手術を除いて広まりませんでした。少数の高い技術をもつ外科医のみが複雑な症例にも腹腔鏡手術を実施していました。da Vinciサージカルシステムはより多くの外科医がより難しい腹腔鏡手術も定型化して行えるようにしました。

da Vinciシステムは新しい低侵襲外科手術を可能にします。

da Vinci サージカルシステムは従来、低侵襲手術ではできなかった手術も低侵襲手術を可能にしました。Intuitive社の製品は外科手術の能力を高めて、臨床的な結果をよりよく手助けをしています。

これらの可能性は、その手術に特化したものです。

どんな手術に対しても、これらの利点が得られると言うわけではありません。外科手術は各患者及び処置に特有なものがあるからです。da Vinci サージカルシステムには安全性と有用性が考慮されていますが、すべての人に対して適応しないかもしれません。常に医師にリスク及び治療のすべての選択肢について相談して下さい。

参考文献
1. Weinstein et al. Transoral robotic surgery: does the end justify the means?; Cur. Opinion in Otolaryngology & Head and Neck Surgery. 2009 17:126-131.
2. Boggess. Robotic surgery in gynecologic oncology: evolution of a new surgical paradigm. J Robotic Surg (2007) 1:31-3
3. O’Malley, Weinstein et al. Transoral Robotic Surgery (TORS) for Base of Tongue Neoplasms; The Laryngoscope, 2006 The American Larygnological Rhinological and Otological Society.
4. Payne et al. A comparison of total laparoscopic hysterectomy to robotically assisted hysterectomy: surgical outcomes in a community practice. J Minim Invasive Gynecol. 2008 May-June;15(3):28.