サージョンコンソール

da Vinci Siは使いやすさを最大化できるようにシンプルな設計になっており、それにより、術者とチームは症例の準備と手術室の所要時間を最適化できます。

視覚解像度

3Dビューアの3D画像により、術者は解剖構造を10倍まで拡大して、高解像度かつ自然な色調で見ることができます。

エルゴノミクス設定

コンソールはエルゴノミクス調整機能を有し、術者が4種類のパラメーターをカスタマイズして、術中の快適性を高めることができます。

サージョンコンソールのタッチパネル

統合されたサージョンコントロールインターフェースにより、ビデオ、オーディオ、およびシステム設定を包括的に操作することができます。設定は個々のユーザープロファイルに保存され、今後の手術の際に、自動的に呼び出すことができます。

指先操作

改良されたマスターコントローラにより、EndoWristインストゥルメントを正確かつ、機敏に操作できます。モーションスケーリング設定により、手からインストゥルメントまでの動きの比率をスムーズに調節することができます。

フットスイッチパネル

フットスイッチパネルにより、術者は異なる種類のエネルギーインストゥルメントの切り替えなどの多くのタスクを行うことができ、将来のインストゥルメントの使用をサポートする拡張性があります。